2017年01月01日

最新トピックス 2017年1月

STMicro、動作接合部温度が最大+150℃と高いサイリスター
伊仏合弁STMicroelectronics社は、動作接合部温度が最大+150℃と高いサイリスター「TN4015H」を発売した。同社は「SCR(Silicon Controlled Rectifier)」と呼ぶ。オン状態の実効(RMS)電流は最大40Aである。オートバイの電圧レギュレーター回路や、スイッチング電源のインラッシュ電流制限回路、モーター駆動回路、産業用電子機器の固体リレーなどの用途に向ける。こうした用途に適用すれば、信頼性を高められるとともに、コストの削減やヒートシンクの小型化を実現できるという。
(Tech-On! 2017/01/23)


安川電機、中国生産子会社に新工場
安川電機は、中国の生産子会社である安川電機(瀋陽)公司に第3工場を建設する。これにより、中国市場で旺盛なサーボモーターやサーボアンプの需要に対応する。新工場の延床面積は1万4000m2。2018年春から稼働する予定だ。
(Tech-On! 2017/01/19)


村田製作所、200℃対応の車載用リード型積層セラコンを開発
村田製作所は、最高使用温度200℃に対応する車載用リードタイプ積層セラミックコンデンサー「RHSシリーズ」を開発した。主に、エンジンルーム内やその周辺といった高温環境に搭載される機器での使用を想定する。2017年5月に量産を開始する。
(Tech-On! 2017/01/13)




posted by 研究員 at 00:00 | 最新トピックス その他
格安航空券比較〜「航空券ドットネット」
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。