2016年11月01日

最新トピックス 2016年11月

ローム、DCファンモーターの速度制御に向けたDC-DCコンIC
ロームは、DCファンモーターの速度制御に向けた降圧型DC-DCコンバーターIC「BD9227F」を開発し、量産を開始した。マイコンが生成するPWM信号のデューティー比に応じて出力電圧を線形制御することで、DCファンモーターの回転速度を制御する用途に向ける。同社によると「同種のICの製品化は業界初」という。冷蔵庫内の冷気循環に使うDCファンモーターなどに向ける。
(Tech-On! 2016/11/24)


MathWorks社、パワートレーン制御システムの開発支援ツール
米MathWorks社は2016年11月17日、自動車のパワートレーン制御システムの開発を支援するツール「Powertrain Blockset」を発表した。システム設計のトレードオフ解析やシステムの構成要素・サイズの検討、制御アルゴリズムモデルの検証、制御パラメータの最適化、Hardware-in-the-Loop(HIL)シミュレーションへの活用を想定している。同社のモデルベース開発(MBD)環境「MATLAB/Simulink」の最新バージョン「R2016b」の上で動作する。
(Tech-On! 2016/11/18)


MathWorks社、パワートレーン制御システムの開発支援ツール
米MathWorks社は2016年11月17日、自動車のパワートレーン制御システムの開発を支援するツール「Powertrain Blockset」を発表した。システム設計のトレードオフ解析やシステムの構成要素・サイズの検討、制御アルゴリズムモデルの検証、制御パラメータの最適化、Hardware-in-the-Loop(HIL)シミュレーションへの活用を想定している。同社のモデルベース開発(MBD)環境「MATLAB/Simulink」の最新バージョン「R2016b」の上で動作する。
(Tech-On! 2016/11/18)


STがドローン向けモーター制御SiPを展示、日本電産とコラボ
伊仏合弁ST Microelectronics社は、組込み総合技術展「Embedded Technology 2016」(2016年11月16〜18日、パシフィコ横浜)において、マイコンとモータードライバーを1パッケージに収めた「STSPIN32F0」を展示している。ドローンや電池駆動式の小型掃除機、小型ロボット、電動工具、製造装置などのモーターでの使用を想定する。
(Tech-On! 2016/11/16)


TI、モーターの駆動効率を高められる電流検出アンプIC
米Texas Instruments(TI)社は、モーターの駆動効率を高められる電流検出アンプIC「INA240」を発売した。モーターの各相を流れる駆動電流を、シャント抵抗を使って測定する用途に向けたものだ。同社独自の「エンハンストPWMリジェクション」と呼ぶ機能を搭載することで、駆動効率を高められるほか、AC/DC精度の向上を実現できるとしている。
(Tech-On! 2016/11/14)


重希土類フリー、高温で磁力低下しない耐熱モーター用磁石
東芝と東芝マテリアルは2016年11月10日、レアアースの中でも特に希少な重希土類を一切使用せずに高い磁力と優れた減磁耐性を合わせ持った耐熱モーター用高鉄濃度サマリウムコバルト磁石を開発したと発表した。2012年に開発した高鉄濃度サマリウムコバルト磁石を基に、独自の熱処理技術を適用することで保磁力を30%向上させた。
(Tech-On! 2016/11/11)


東芝、低騒音/低振動制御のステッピングモーター用駆動IC
東芝は、低騒音かつ低振動でモーターを制御できるステッピングモーター用ドライバー(駆動)IC「TB67S209FTG」を発売した。量産は2016年12月末に開始する。同社によると「ステッピングモーターの低騒音化と低振動化を実現するには、モーター個々の特性に合わせて駆動電流を制御することが有効である」という。
(Tech-On! 2016/11/02)




posted by 研究員 at 00:00 | 最新トピックス その他
格安航空券比較〜「航空券ドットネット」
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。