2006年11月28日

磁場解析で陥りやすい失敗例

検討方針に従い技術的な判断を下すためには正確な解析結果が必要です。 正確な解析結果を得るためには精度良く失敗することなく解析する必要があります。

有限要素法における解析では、精度の良い正確な解析をするためにはポイントがありますが、ノウハウとなるため開示されることが少ないようです(もはや常識なのかもしれませんが)。

とりわけ磁場解析では、不安定なエネルギー分布であったり、非線形性の強い解析などでは、解析精度の維持が難しくなります。

また、検討においてはさまざまなミスをする可能性がありますが、解析は理論計算をする道具に過ぎないため間違った結果でも、もっともらしく算出してしまいます。

そこで、知っておくと良いのが失敗例だと思います。

失敗は成功の素と言うように、失敗の積み重ねが成功を生むのも事実だと思います。
私が自ら体験した失敗,遭遇したことのある失敗について触れ、磁場解析を用いた検討の参考になればと思います。


解析出来ない失敗例

■モデルが読み込めない
 3次元CADでのモデル作成の不具合

対策:
 解析を意識したモデリング技術の習得
 角隅部のモデリングに注意
 スイープコマンドによる不具合など

■メッシュが作成できない
 不具合が起こりやすいモデル(短いラインや角隅部の処理etc.)
 ボリューム・エリアの分割ミス

対策:
 メッシュ作成を意識したモデリング

■オペレーティングのミス
 境界条件・荷重の定義ミス
 座標系のミス

対策:
 ソフトのオペレーティングの習得
 解析手順のマニュアル化など

■収束しない
 材料特性定義の問題
 要素形状の問題

対策:
 非線形計算の理解
 有限要素法の概念理解


解析結果から考えられる失敗例

■磁束の分布の不具合
 要素形状の問題

対策:
 有限要素法の概念理解
 メッシュの再検討

■要素形状による磁束の流れが変化
 メッシュのバランスの問題
 要素形状(アスペクト比etc.)の問題

対策:
 有限要素法の概念理解
 メッシュ再検討


ざっと書き出してみましたが、やっぱり理論を理解していれば分かることが多いです。どこまで解析精度維持をするかは場合によって異なりますが、高精度で解析を行うために必要となる知識は身に付けておくべきと考えられます。


posted by 研究員 at 23:04 | 磁場解析の勘所
格安航空券比較〜「航空券ドットネット」
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。