2006年10月21日

積層構造の目的

一般的に市販されているモータは、ケイ素鋼板の積層構造が用いられています。

ケイ素鋼板を用いる理由はコア材の磁気特性を見てもらえば理解できると思います。

ここでは、積層構造を用いる点について説明します。
積層構造を用いる理由として、まず、うず電流損失の低減が挙げられます。

積層構造とすることにより、磁束の透る方向に対して平行に磁束を透し、垂直方向には電気的に絶縁されるため、磁気特性を低下させることなくうず電流を低下させることが出来ます。その結果、うず電流損失の低減につながります。


他にもさまざまな利点があります。

プレス加工による大量生産により、他の加工方法に比べ安価に製造できます。
さらに、プレス加工を用いていますので、加工精度が非常に高く出来ます。

また、同様の外径形状のモータであれば、高さ(長さ)が異なっていても共通部品とすることが出来ます。

以上のように、積層構造にすることによる利点は非常に大きいと言えます。


posted by 研究員 at 21:56 | モータの磁気回路設計
格安航空券比較〜「航空券ドットネット」
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。