2006年10月21日

モータドライバー

モータを駆動する際に、モータの種類によってはドライバーICが必要となります。
DCブラシモータのように、電流の流れを制御する整流子とブラシの機構がないモータでは、流れる電流を外部から制御する必要があります。

現在では、モータのタイプに応じてさまざまなドライバーICが発売されており、使う機能によって選定するのが一般的です。

モータドライバーの内部は、制御部,センシング部,スイッチング部などに分かれ、入力された電力を3相や単相の信号に変換し、センシングの結果にあわせてスイッチングする構造が一般的です。
また、同時のモータの回転数やFG信号などを出力する機能を持っているものも一般に出回っています。

モータは回転機械なので、音や振動などさまざまな問題が起こりますが、高機能なモータドライバーによって問題の抑制につながることもあり、数年,数十年前ぐらいから駆動方法やシステムに関する特許も多く出願されています。


回路設計(基板)において注意すべき点としては、一般的なことになりますが、駆動電流の大きさを考慮し配線の幅を設計すること、また、センシング信号へのノイズに注意することなどが挙げられます。

モータは複雑で難解な制御方法を用いない限りはシンプルな駆動回路となります。
基本的には、モータドライバーの仕様により決まる内容も多いため、モータドライバーの選定は大切です。


posted by 研究員 at 21:46 | モータの電気工学
格安航空券比較〜「航空券ドットネット」
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。