2006年10月21日

その他(センサ ケース ブラケット ブラシ)

モータにはモータの構成によってさまざまな部品が使われます。

センサ
主なセンサとして、ブラシレスタイプのモータに用いられるホールセンサやホール素子、回転数を検出するFGセンサ,エンコーダなどがあります。

ケース
DCブラシモータなどでは深絞りのケースにマグネットやコアなどが組み込まれます。ケースは一般に電気亜鉛メッキ鋼鈑SECEが用いられ、深絞りにより製造されています。
製品によっては削り出しのケースが用いられます。ケースは磁気回路の一部として機能するため板厚や精度に注意が必要です。

ブラシ
DCブラシモータでは、用途により金属ブラシとカーボンブラシの2種類が用いられています。低負荷の民生品などでは金属ブラシ,車載電装向けやプリンタなどの高耐久のものにはカーボンブラシが用いられるようです。

コンミュテータ
コンミュテータとはDCブラシモータに用いられる整流子のことで、ブラシとの接触部分です。
近年では内製化が進んでいます。接点となる部品ですので、ブラシとともに製品寿命に直結する部品ということもあり、特許出願件数も多い部品です。


posted by 研究員 at 21:43 | モータの機械設計と部品
格安航空券比較〜「航空券ドットネット」
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。