2006年10月21日

巻線(コイル)

入力される電気エネルギーを磁気のエネルギーに変換する際に機能するのが巻線です。

一般的な巻線として、UEW(ポリウレタン銅線)およびPEW(ポリエステル銅線)が挙げられます。銅線は、導電性に優れコストメリットもあるためもっとも採用されています。


巻線をコアに巻きつける際には自動巻線機が用いられます。
巻線機はコアに高速で巻線を巻きつける設備で、日特エンジニアリング,小田原エンジニアリング,ベステックなどが製造しています。 巻線はノウハウが多く含まれ、モータメーカーは各社独自の工程プログラムやジグを作成しているようです。


また、占積率を上げるため、製品によっては平角線やプリントコイルを用いるなどの試みを行うメーカーもありプリントコイルに対する需要も増加傾向となっています。


posted by 研究員 at 21:41 | モータの機械設計と部品
格安航空券比較〜「航空券ドットネット」
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。